インターネットオークションのご注意

インターネットによる市場が拡大するにつれ、消費者の皆さまからの相談やトラブルが急増しています。

顔の見えない売り手と買い手が行なうショップだけに、それなりの安全策が取られていますが、ネットオークションに関する問い合わせはとくに増えています。高価な宝石やブランド品などが直接手にしないで、ゲーム感覚で購入できる楽しさはありますが。できるだけご自信の目で確かめてからのご購入をおすすめいたします。
また、ネットオークションに参加される場合は、商品知識やオークションのルールをあらかじめ調べてからスタートしましょう。
インターネット販売によるQ&A [ご一読ください]
Q1 希望価格50万円のものを10万円で落札したが、50万円の値打ちを保証したような鑑別書の内容と違うように思う?
A1 鑑別書は販売価格には関与出来ません。価格の保証は出来ません。販売価格は流通経路で様々な価格があるようですので、まずは専門店で価格をウィンドショップ等で知るなどしてからの購入をお薦めします。

Q2 鑑別書の写真と現物が違う、写真は美しく、現物は違っているように思う?
A2 現物購入時に鑑別書も参考にと造られています。現物なしの画面のみは問題があります。また現物の総てを鑑別書に記載、写真で正確に表現する事は宝石では無理です。

Q3 同じグレード品位が出ているのに価格が違うのでは?例えば花珠価格が違う……。
A3 花珠の基準も異なります。5検査事項を5段階品位にランク分けしていますが価格要素はもっと細分化されますので、流通経路により店の販売価格が違う場合多々あります。専門店で調べましょう。(※当研究所においては、グレード及び商品を表現するコメントは業界に表現されている一般表現を、より顧客向けに分かり易く表現しています。)

Q4 1 ケ月後に不信感を持って返品を申し出たが応じてくれなかった?
A4 返品の件はネット上の決まりごとを双方が理解して売買するのですから、買い手責任もありで購入しないと、返品に応じてくれない事だけが悪いとは言えません。例えば、現物を持ち込まれ拝見した事もありますが、よく見てみると「こんな価格で買えないような真珠ネックレス」で購入者が勝ちでした。まさにゲームですね。法律的にはクーリングオフ制度があります。購入時のチェックは絶対必要です。