検査および検査種別について

検査
真珠は母貝別に種類もあり、色も様々でその判定には真珠に対しての深い見識が必要です。当研究所では長年における真珠業界での実務経験者および真珠研究者、真珠鑑別経験者が検査を担当し、検査用機器も使用して真珠母貝判定や加工処理の見極めを行っており、常に『厳正、公平、中立』の立場で検査を行っています。
品質評価
真珠取引の現場では目視評価で価格決定を行っています。真珠検査所でも主として官能検査により輸出検査の判定が行われていました。真珠総合研究所では熟練者が当研究所の基準に照らし合わせ格付けを行っています。その際、真珠層の厚さのような目視で判定できないものに関しては巻厚測定器などの機械を用い検査を行っています。
鑑別書作成
真珠総合研究所では真珠を“あたたかみ”のある宝石であると考えています。鑑別書というと無機質な物になりがちですが、私たちは自然と貝と人とが作る真珠の“あたたかみ”を加味したデザインで表現し、販売業者様とお客様との取引のお役に立てる安心・信頼の鑑別書作成をポリシーとしています。
検査一例
貝の種類・加工処理の有無、真珠層の厚さなど必要に応じて各種機器による測定を行っています。

・顕微鏡の検査
真珠表面を拡大検査します。生育過程・母貝の特徴や加工処理などの情報が分かり、目視検査とともに重要な役割を担っています。

・分光光度計検査
黒蝶真珠の母貝判定において特に有力な検査です。

・光照射検査
強い光をあてることで、真珠表面および内部の透過検査をすることができます。

・軟X線の検査
レントゲンにより真珠内部を非破壊で検査することができます。それにより、母貝判定や真珠核の有無の判定に役立ちます。

・超音波の検査
超音波により真珠層の厚さを非破壊で計測することができます。