真珠の種類

アコヤ真珠
主に日本で採れます。中国やベトナムでも養殖は行われています。 サイズは6mm~9mmが中心ですが、ベビーパールとも呼ばれる2mm台のものや希少性の高い大きさである11mmupが採れることもあります。 色はホワイト系からピンク、グリーン、クリーム、イエロー、ゴールドなどがあります。また、ブルー、グレー、シルバー系の色もあります。着色された真珠ではブラックなどもあります。
シロチョウ真珠
オーストラリアの北部海域からフィリピン、インドネシア、ミャンマーあたりまでの海域を中心に養殖が行われています。日本でも鹿児島県の奄美大島、沖縄県で生産されています。 サイズは8mm~15mmくらいが一般的です。養殖用の核が入っていないときには5mmくらいのものもありますし、20mm近い大きな真珠がとれる場合もあります。 真珠の色は、ホワイトやシルバーというホワイト系からクリームからイエロー、ゴールドと黄色味の濃くなったものがあります。シロチョウ貝はオーストラリアに近いところではホワイト系、ミャンマーに近いところではゴールド系の貝が多く生息しているなどのため、産出される真珠の色にもその海域の特徴があります。
クロチョウ真珠
生産量の9割以上が南太平洋のタヒチ(正しくはフランス領ポリネシア)で採られているといわれています。簡単にタヒチと言ってしまいますが、およそ250万平方キロメートルもの範囲の海域に散らばる、『環礁』と呼ばれる小さな島々で養殖が行われています。 タヒチ以外ではタヒチに近い海域の国々(例えばクック諸島など)でも養殖が行われています。沖縄に行ったことのある人はご存知かもしれませんが、石垣島や西表島でも養殖が行われています。 クロチョウ真珠の大きさは7mm~14mmくらいが中心に生産されているようです。もちろんこの大きさ以外の真珠も採れます。 クロチョウ真珠は他の真珠と比べても色のバリエーションが豊富です。数種類分泌されている色素濃度のバランスと干渉色とのコンビネーションで発色しているためです。色素が全く分泌されていないと、ホワイト系の色合いになることもあります。
淡水真珠
淡水産二枚貝のうちで貝殻の内側に真珠光沢を持つ貝から採れた真珠を総称して淡水真珠と呼んでいます。これらの貝は種類が多くまた母貝真珠毎の判別手法が確立されていないために貝の名前で呼ばなくてもよいことになっています。現在流通している淡水真珠のほとんどは中国の湖水地方で採れている『ヒレイケチョウ貝』産であると考えられます。 以前には日本でも琵琶湖、霞ヶ浦で『イケチョウ貝』を用いて養殖されていましたが、現在ではほとんど行われていないようです。 大きさは1mmから20mmを超えるものもあります。形もラウンド系だけでなく様々です。無核真珠が多く作られていましたが、有核真珠も増えてきており挿入する核の形からハート型やひし形など変わった形のものもあります。また、無核真珠では棒状のものや十字架状のものもあります。 色はホワイト系、オレンジ、紫色(いろいろな濃さの紫色)が主流ですが着色されたものにはピンクや空色、グリーンといったものもあります。
マベ真珠
マベ貝は日本近海では、鹿児島の奄美諸島から沖縄、フィリピンあたりの比較的流れのある海中に生息しているようです。貝は鳥が飛んでいるような形をしているので、なるほどなという感じがします。奄美諸島ではこのマベ貝産真珠の養殖も行われていますが、ほとんどは半形真珠です。半形真珠はできた真珠を半分に割っているわけではなく(まれにそういったものも見かけますが)貝殻の内側に核となるものを貼り付けて作ります。マベ貝は生息環境に合わせ真円真珠養殖をしようとすると難しいため、この半形真珠が作られてきました。そのため、半形真珠を“マベ”と呼ぶようになってしまいましたが、半形真珠は他の真珠貝でも作れますから正しくない場合があります。形は、今ではドロップ型やハート型の半形真珠もありますし、数は少ないですが真円真珠も販売されています。 サイズはラウンドタイプの場合12mm前後が中心ですが、だいたい10mmから大きいものだと20mmくらいのものもあります。 色はホワイト系、ブルー系、ゴールド系があります。真円真珠ではブラウン系になることが多いようです。