真珠の「マキ」とは

真珠の取引現場では、『この真珠はマキがいい』『巻き厚感がある』のように表現します。真珠のプロフェショナルは目で見て、経験的に判断しています。これらをもう少し細かく見た場合では、どうなるでしょう。巻いている真珠=いい真珠これは当たっています。

ですが、真珠層が厚いからといって必ずしもテリが良いわけではありません。一般的なアコヤ真珠の場合、真珠層は厚さ0.4ミクロン前後の炭酸カルシウム結晶シートが何百枚、あるいは何千枚と積み重なった状態で出来ています。1枚1枚が厚ければ総合計では厚くなります。しかしテリの良いきれいな真珠を切断して結晶の厚さを見てみると…。あまりに厚い結晶シートが重なって出来ている真珠やシートの厚みが一定していない真珠では光の透過や屈折が最良の状態にならず、真珠層自体が厚くてもきれいに見えない場合があります。逆に真珠層全体は厚くなくても1枚1枚の結晶シートが薄くそれが整然ときれいに積み重なっていると強い光沢になります。したがって、真珠層の厚い真珠と薄い真珠を切断して断面の結晶シートの枚数を数えてみるとあまり変わらなかったりする場合もあります(同じ期間養殖していれば枚数はほぼ同等になるはずですので)このようなことから、『巻き』とは単に真珠層の厚さだけを云うのではなく、結晶の積み重なり方や緻密さも含めて表現されています。
数値だけでは表せない真珠の魅力の一つです。