検査種別について

科学的検査の裏付けと豊かな経験に培われた目視重視から作成される鑑別書は、その正確さおよびわかりやすさなどから、高い評価を得ています。

母貝の機械検査、外見判定を行います。

kbspublish_img_3

真珠にどのような加工がなされているかなどを検査します。

arrow_big

機器判定

kbspublish_img_4

母貝の種類・加工処理の有無、真珠の巻きの厚さなど必要に応じて各種機器による測定を行います。

顕微鏡の検査

真珠の表面を顕微鏡で拡大し、本物であるかイミテーションであるかを検査します。また生育過程・母貝の特徴や加工処理などの情報が分かり、目視検査とともに重要な役割を担っています。

分光高度計によるスペクトルの検査

黒蝶真珠の母貝の判定を決める有力な機器となっています。また加工処理の精度や着色されたものかの判別にも役立ちます。

光透過の装置

真珠内部を透かせてみることで、とくにブルー、グレー系の真珠が着色であるかどうかの判定ができるほか、簡易的な真珠層の厚さを判断するにも役立ちます。

軟X線の検査

私たちが胃の検査で中をチェックするのと同じように、真珠の内部を見ることで真珠核の有無判定や真珠層の巻きの厚さを計測することができます。

超音波の検査

超音波が核に到達するまでの時間を測定することで巻厚値を測定できます。精密機器検査の応用です。

arrow_big

グレーティング

kbspublish_img_5

格付けを行います。品質のコメントを希望されている場合には、そのコメントに対しての吟味を行います。この段階では経験値による目視判定(官能検査)が主になります。

arrow_big

鑑別書の作成

kbspublish_img_6

すべての検査・測定が終了後、デジタル撮影による写真撮影と表記のコンピュータ入力を行いった後、ラミネートをかけ最終的にチェックを行います。