鑑定鑑別書の
種類について

  • HOME
  • 鑑定鑑別書の種類について

真珠は母貝別に種類もあり、色も様々です。その判定には真珠に対しての深い見識が必要です。 当研究所では長年における真珠業界での実務経験者および真珠研究者が検査を担当し、 官能検査によるテリ(光沢)の判定、検査機器を使用して真珠母貝判定、加工処理の見極めを行っています。

常に『厳正、公平、中立』の立場で販売業者様と消費者の皆様に安心と信頼をお約束します。

鑑定鑑別書と鑑別書の違い

鑑定鑑別書
(グレーディングレポート)

真珠の種類 加工処理の程度などを証明したものと、 5項目、巻き・形・光沢(てり)きず(表面の状態) 仕上げ、または3項目、巻き・光沢(てり)・きず (表面の状態))で品質の評価を表したものです。

コメント欄(一部鑑別書除く)には当研究所の検査機器を使用した検査結果に加えて経験豊富な検査員が官能検査により総合的に判定された場合に限り、以下のような表記が出来ます。

・品質(雪白珠、FIVE STAR花珠、花珠、準花珠、厚巻き良質真珠など)
・巻き厚数値(5mm以上のアコヤ真珠のみ)
・加工の程度(無調色、ナチュラルカラーなど)
・色表記について

アコヤ真珠:ホワイト・ブルー・グレー・イエロー・ゴールドなど。

黒蝶真珠:ピーコックグリーンカラー・ブルー系・グレー系・グリーン系など。

白蝶真珠:ホワイト・グレー・ゴールドなど

鑑別書

真珠の種類、加工処理の程度などを証明したものです。

B5サイズ真珠鑑定鑑別書

偽造防止のためエンボス加工をしております。

FIVE STAR花珠鑑定鑑別書 B5

FIVE STAR花珠専用鑑定鑑別書 B5
アコヤ真珠の最上級クラスの品質に特化した鑑別書です。

※巻厚数値記載は5mm以上のアコヤ真珠のみ

雪白珠専用鑑定鑑別書 B5
アコヤ真珠最上級クラスの品質『雪白珠』は無調色に特化したグレード付き鑑別書です。

※巻厚数値記載は5mm以上のアコヤ真珠のみ

スタンダード 鑑定鑑別書B5
5項目5段階のグレード付き鑑定鑑別書です

品質(花珠、準花珠、厚巻き良質真珠など)、巻き厚数値、加工の程度、色のコメントが記載できます。

白蝶真珠、黒蝶真珠は専用の鑑別書が用意されていますのでご確認ください。         

※巻厚数値記載は5mm以上のアコヤ真珠のみ

写真大判鑑別書 B5

写真大判鑑別書 B5          
(グレード無し)

加工の程度、色のコメントが入れられます。

※巻厚数値の記載は出来ません。

NEW

5-STAR PEARL
BABY PEARL専用鑑定鑑別書 B5
5項目5段階のグレード付き鑑定鑑別書です

アコヤ真珠5mm 未満の最上級クラスの品質に特化した鑑別書です

※巻き厚数値は記載しません。

NEW

BABY PEARL専用鑑定別書 B5       

5項目5段階のグレード付き鑑定鑑別書です

アコヤ真珠5mm 未満のグレード付き加工の程度、色のコメントが記載できます

コメントは評価に応じて記載内容が変わります。

※巻厚数値の記載は出来ません。

白蝶真珠専用鑑定鑑別書 B5

白蝶真珠専用鑑定鑑別書 B5
白蝶真珠専用グレード付き鑑定鑑別書です。品質を表す(ホワイトリップ花珠、厚巻き良質真珠など)や加工の程度、色(ホワイト・グレー・ゴールドなど)のコメントが記載できます。

※白蝶真珠は、一珠の中でも計測の位置によって数値の差が大きく、確定数値が求められない珠が多いため、当研究所では巻き厚数値は記載しておりません。

黒蝶真珠専用鑑定鑑別書 B5

黒蝶真珠専用鑑定鑑別書 B5
黒蝶真珠専用グレード付き鑑定鑑別書です。品質を表す(ブラックリップ花珠、厚巻き良質真珠など)や加工の程度、色(ピーコックグリーンカラー・ブルー系・グレー系・グリーン系)のコメントが記載できます。

※黒蝶真珠は、一珠の中でも計測の位置によって数値の差が大きく、確定数値が求められない珠が多いため、当研究所では巻き厚数値は記載しておりません。

白蝶真珠専用鑑別書 B5

白蝶真珠専用鑑別書 B5
白蝶真珠専用です。       (グレード無し)

加工の程度、色(ホワイト・グレー・ゴールドなど)のコメントが入れられます。

※白蝶真珠は、一珠の中でも計測の位置によって数値の差が大きく、確定数値が求められないの珠が多いため、当研究所では巻き厚数値は記載しておりません。

黒蝶真珠専用鑑別書 B5

黒蝶真珠専用鑑別書 B5
黒蝶真珠専用です。      (グレード無し)

加工の程度、色(ピーコックグリーンカラー・ブルー系・グレー系・グリーン系)のコメントが入れられます。

※黒蝶真珠は、一珠の中でも計測の位置によって数値の差が大きく、確定数値が求められない珠が多いため、当研究所では巻き厚数値は記載しておりません。

English ver.(グレード有り)B5

English ver.(グレード有り)B5
説明が英語表記になっています。裏面規約書も英語です。

English ver.(グレード無し)B5

English ver.(グレード無し)B5
説明が英語表記になっています。裏面規約書も英語です。

NEW

3-STAR PEARL BAROQUE B5
バロック真珠の最上級クラスの品質に特化したグレード付き専用鑑定鑑別書です。

巻き、テリ、キズ(表面状態)を検査し弊社のバロック真珠の基準に基づいて、この3項目で最もグレードの高い事を認めた鑑定鑑別書です。

※巻厚数値は5mm以上のアコヤ真珠のみ

NEW

3-STAR PEARL MULTI COLOR B5
マルチカラーの最上級クラスの品質に特化したグレード付き専用鑑定鑑別書です。

巻き、テリ、キズ(表面状態)を検査し弊社のマルチカラーの基準に基づいて、この3項目で最もグレードの高い事を認めた鑑定鑑別書です。

※巻厚数値は5mm以上のアコヤ真珠のみ

企画鑑別書 B5

企画鑑別書 B5
右面にオリジナル保証書やお客様ブランド写真等が入れられる鑑別書です。

A5サイズ真珠鑑別書

ビーナス誕生鑑別書A5

ビーナス誕生鑑別書A5
A5簡易タイプ、コメント表記はできません。

グレーディング検査について

当所には、品質評価が載る鑑別書があります。
グレーディングは国営の真珠検査所(平成10年廃止)で使われていた基準を元に当所が勘案し、消費者の皆様にわかりやすいよう5項目、5段階で評価しています。品位の最高位は『Ⅰ』で最下位は『Ⅴ』となります。
当時、国営の真珠検査所の評価検査は目視中心でした。当所でも熟練者による目視判定を重視しています。
ただし、“マキ”に関しては、膜厚測定器を利用して、真珠層の厚さを測り、“巻き”判定の参考にしています。原則、測定数値は重視しますが、目視による“巻き厚感”も評価に組み入れています。

(1) グレード表の結果をもとに、ふさわしいコメントで表現することがあります。 
(2) 一般的に使用される評価コメント以外にも特殊なコメントが記載される場合もあります。 
(3) グレード検査が必要となる上級クラスのコメントは、弊社の考え方、基準を別記していますので、そちらをご覧ください。

真珠総合研究所の鑑定鑑別書について

グレーディングは国営の真珠検査所(平成10年廃止)で使われていた基準を元に 「巻」「光沢(てり)」「表面の状態(キズ)」「形」「仕上げ」の5項目5段階で評価しています。

その中でも真珠の品質を示すとき、特に重要なのが「巻」「光沢(てり)」「表面の状態(キズ)」の3項目です。また、真珠の加工技術が優良であるか、ネックレスの連相が調和が優良であるかを見るのが「仕上げ」も商品としての価値としては重要です。
「形」においては真円に近い真珠は希少性があるとされていますので評価していますが、近年では形は真珠の持つ個性として、バロックパールを好んで選ばれる方も増えてきています。
真珠総合研究所ではこの5項目5段階の品質のバランスが整っているかを経験豊かな検査員が検査機器に加えて官能検査にて厳しくチェックしています。

真珠総合研究所の花珠呼称について

本来はアコヤ貝から取り出されたばかりの浜揚げ真珠の最良質珠に対して『はなだま』という言葉が使われていました。この『はなだま』が『花珠』となり、加工された製品に対しても使われるようになりました。

当所で鑑別書へ『花珠真珠』の表記をするにあたり、以前、製品真珠での花珠交換会等で取引されていた基準に準拠し、そして現在の浜揚げ事情や加工技術を加味しながら、当所独自での評価基準にて合格ラインを超えるものに『花珠』の称号を与えています。

『花珠真珠と認めます』のコメントは全ての検査品位が『 I 』であること。 『準花珠や花珠真珠の範疇』の場合には『形』『キズ』は『 II 』以上で他の品位項目は 『 I 』であることが原則条件となります。 (この条件に当てはまるものにはALL『 I 』であっても、花珠範疇等のコメントで表現される場合があります。)

2016年より花珠呼称に関しては、より細分化した基準となる上記の品質の中でも更に選ばれた最良の品質の証として「FIVE STAR花珠」、無調色検査で無調色の最良の品質の証として「雪白珠」をご用意しました。

※「FIVE STAR」「雪白珠」は真珠総合研究所の登録商標です。

また、『はなだま』は上記のようにアコヤ真珠に対してのみ“ 云われる”用語でしたが、シロチョウ真珠、クロチョウ真珠に対しては最良質品の表現として業界で認知された用語がありませんでした。独自に考えた言葉もありましたが、アコヤ真珠に敬意を表した上で『花珠』の言葉に『ホワイトリップ』『ブラックリップ』という南洋系真珠の商取引で用いられる真珠種類を示す言葉を頭に付けて『White Lip 花珠』の呼称を用いています。

シロチョウ真珠・クロチョウ真珠では、きれいなドロップ珠等もあり、それらも高品質と判断しているため、アコヤ真珠と同様の評価は出来ません。そのため品位項目は 3項目が標準となっています。 (一部4項目、または5項目で作成している場合もあります。)

※真珠品質基準は当研究所独自の厳選な基準で定めています。